パク・シフ テレビ

2013年2月 6日 (水)

パク·シフ、忠南扶余本家初公開

ほんとにパク・シフくんの本家なのだろうか・・・
ニセじゃなくて??・・・^^;
祖父のうちは一度焼失し・・・みたいに
言ってたが・・・
ほんとにおうちなのかな・・・^^;怪しい〜(←しつこい、笑)
4291101_3721_d130206_012_1
4291101_3721_d130206_013
[単独公開] "大地主3世 'パク·シフ、忠南扶余本家初公開
[enews24]2013.02.06 16:03
'大地主3世 "として知られて世間の話題になった俳優パク·シフ(35)の実家が初公開された。
6日放送されたtvN "eNEWS-決定的な一発 'でパク·シフの忠南扶余本家の姿がそっくりそのまま描かれて人目を引いた。大きな瓦の家や庭にある湖などは、過去の "大地主"と呼ばれるほど巨大な富を蓄積したパク·シフ家の財力を如実に証明した。パク·シフが生まれた所も一緒に公開されて視線を捕らえた。
この日の放送では、実体が現われなかったパク·シフ本家の姿と、扶余郡のパク·シフ父の知人など複数周りの人のインタビューで代々伝わるパク·シフ家の多くは、実際が続々と明らかになった。
また、パク·シフが扶余16区に各100万ウォンずつ総1600万ウォン、母校ウンサンジュン学校に500万ウォン、扶余高校に1000万ウォン、銀山ミョンミン体育大会にも100万ウォン以外にも、最近直筆サインを添えた高価な2013年写真集のカレンダーを1000万余相当の寄付した事実も一緒に明らかになって温かさをかもし出すこともした。
扶余郡の関係者は、このようなパク·シフについて "ご先祖様代々この地域で経済的な富を蓄積してみると地域住民に助けを与えられ、パク·シフさんもそんなことを見て育ったので、故郷に対して良い仕事をしていらっしゃるんじゃないかと思われる"と伝えた。
加えてパク·シフ父の知人は "本当に大きな家である。長くなったし保存もよくされて周辺では、文化財指定誘いも入るほどだ"と強調した。
一方、 "eNEWS-決定的な一発 'はパク·シフを含めて'芸能界準財閥"として知られ視線が集まったエムブラックのミール、帝国の子供形式、コメディアンチョセホなどの噂と実体を比較取材して真実かどうかを明らかに注目を捕らえた。放送と一緒に、スターたちがリアルタイム検索語上位に相次いで上がるなど、ウェブ上でも連れ話題になった。 "eNEWS-決定的な一発 'は6日午前11時30分、午後5時45分、デュアル放送される。

| | コメント (2)

2013年1月29日 (火)

「清潭洞アリス」パク・シフ&ソ・イヒョンの再発見、そしてムン・グニョンの成長痛

シフくんとソ・イヒョンの評価は高いのだね・・・

この記事によると・・・・ね。
Tcsearchnaverjp
「清潭洞アリス」パク・シフ&ソ・イヒョンの再発見、そしてムン・グニョンの成長痛
OSEN |2013年01月29日18時38分
ソウル江南(カンナム)区清潭洞(チョンダムドン)。澄んだ池があり、近くの漢江(ハンガン)の水がきれいで“チョンスッコル(清水谷)”と呼ばれたことから由来された地域だ。
表向きは華やかで明るいばかりのこの地域だが、今や清い池は跡形もなく消え、その代わり濁った欲望がうごめき、間違った富の自慢だけが目立つところとなってしまった。そして27日に終了したSBSドラマ「清潭洞(チョンダムドン)アリス」は、この地域で“彼らだけのリーグ”を形成し、結婚さえも契約書によって行われる“治外法権的な地域”で“自治法”を作って暮らしていく人々と、そこに入りたくて躍起になっている見栄っ張りの女性を主人公にし、ひとつのシンデレラ変奏曲を作り上げた。
清潭洞を、アリスが夢の中で探検した「ふしぎの国のアリス」に例えたこのドラマで、視聴者たちはありきたりの“シンデレラストーリー”や“おてんばキャラのがむしゃらな成長記”ではなく、それなりに新鮮な愛やビジネスの合奏曲と受け取ることができた。そして、出演した俳優たちはある人は恩恵を受け、ある人はもともと持っていたほどにもなれなかった。
より正確な言い方をすると、パク・シフ(35)は今まで見せたことのない新しい魅力をアピールして人気に加速をつけ、ソ・イヒョン(29)は再発見という賛辞を受けてデビュー11年ぶりに大器晩成の全盛期を迎えたが、トップスタームン・グニョン(26)は若干の論争となり、成果をあげることができなかった。
パク・シフがイケメン俳優であることは事実だ。しかし、正直なところ、チャン・ドンゴンやソ・ジソブとは異なるタイプのイケメン俳優だ。だからといってクォン・サンウのように筋肉質の男性美が際立つわけでもない。どこか2%足りなかったのは認めざるを得ない真実だ。
しかし、パク・シフは「清潭洞アリス」を通じて自身のハンディキャップを魅力に変えた。彼が演じたチャ・スンジョ(ジャンティエル・シャ)は、清潭洞ラグジュアリーブティックであつらえた衣装だった。
これまでのドラマの男性主人公の中で、ここまで独特で多重人格な役柄があったのかと思うほど、複雑で微妙な心理を持つ人物がチャ・スンジョだ。子供の時の父親と母親の離婚、そして慰謝料のために自身を利用した母親のせいで傷ついて、威圧的な父親に嫌気がさし、何もかもを捨ててまで愛したソ・ユンジュ(ソ・イヒョン)に裏切られたチャ・スンジョは、現実を現実として認めず、夢の中でだけ生きていける人物だ。そのため、彼は現実が大変な時は、すべてを捨てて逃げなければ現実に耐えられない。
そんな彼に愛の存在を気づかせてくれた人は、残念ながらお金のために自身に近づいた貧乏なハン・セギョン(ムン・グニョン)だ。彼女との愛を夢見るチャ・スンジョを演じるパク・シフは、作品を通してかわいい表情で首を振りながら若干正気でないような行動で、女性の視聴者の心をときめかせた。
財閥の息子で、大企業の会長、そしてイケメンだが、このように足りない内面がかえって女性たちを気楽にさせ、親近感を与えたのだ。こんなチャ・スンジョのキャラクターとパク・シフの魅力を完成させたのは、彼が着て登場した清潭洞ファッションだった。パク・シフはフランス留学に行ってきた大企業の会長として、完璧に近いファッションで男性美の究極を見せた。
パク・シフが最大限の魅力を引き出すことができたのは、チャン・ドンゴンのような彫刻のような顔も、ヒョンビンのような孤独な男の雰囲気も、チャ・スンウォンのようなタフさもないが、彷徨い悩みそしてトラウマの中で自身をコントロールできない、母性本能をくすぐる冷たい都会の男の葛藤を絶妙に描く中で、ファッションを適切にマッチさせたためだ。
このドラマで最大の恩恵を受けたのは何と言ってもソ・ユンジュ役のソ・イヒョンだ。2002年に芸能界にデビューして以来、B級にとどまってきた彼女は今回のドラマをきっかけにやっと注目される女優となった。
清潭洞の嫁(玉の輿に乗った女性)という役柄に合うように華やかだが退廃的ではなく、シンプルだが野暮ったくなく、難度の高い洗練されたファッションとメイクで番組を見る人の目を楽しませた彼女は“完売女子”(ドラマなどで着用したアイテムがすべて売り切れになる女性)という今回のドラマによって得たニックネームらしく、ファッションリーダーとして“第2のキム・ナムジュ”を予告した。
それだけでもソ・イヒョンの成功を簡単に明言できる。
ある意味で彼女の成功の背景にはムン・グニョンがいたのかもしれない。わざわざ貧乏な家の娘を演じるために野暮ったい姿をしたムン・グニョンに比べて彼女が相対的に目立ったのだ。
いくらそうだとしても、ソ・イヒョン自体の強みがなかったならこのような意外な成功は保証されなかっただろう。女優として最高の年齢になったソ・イヒョンとしては、助演だが主演を乗り越える存在感と自身の表現力で出演者のうちもっとも多くのものを得た。
ムン・グニョンが努めたハン・セギョンは一見ドラマの女性主人公としては完璧なキャラクターだった。常に苦労しながら生きてきて、銀行ローンで購入した自宅さえきちんと守れない無能な父親を持った就活生として留学にも行けず大学を卒業して3年ぶりに、しかもソ・ユンジュの助けによって契約社員としてかろうじて就職できた現実は切ないものだ。
しかし、誰よりも根性のある“おてんば娘”な彼女は“時計うさぎ”を捕まえてシンデレラになろうと奮闘し、結局は紆余曲折の末に目的を達成する。愛もビジネスも両方とも成功させるハッピーエンドの主人公だ。
しかし、ムン・グニョンはこのような条件の中でも子役出身の限界を克服できなかった。視聴者や関係者が共通して指摘した女子高生のイメージから完璧に脱することができなかった。彼女がパク・シフとキスシーンをしても何となく不自然に感じる理由は、視聴者はまだムン・グニョンの現在の顔にオーバーラップされる「秋の童話」のソン・ヘギョの幼少時代の役と、映画「マイ・リトル・ブライド」のかわいい女子高生ムン・グニョンを忘れられないためだ。
演技は非の打ちどころがない。ムン・グニョンにしかできない役だと思われるほど、彼女はハン・セギョンになりきり、成功と愛、良心の間で葛藤するハン・セギョンの心理状態をうまく表現し、自身の傷よりはチャ・スンジョの傷を慰め、癒してあげる成熟な姿を驚くほどうまく演じきった。しかし、画面いっぱいの彼女の顔と、チャ・スンジョがそこまで求めた純情な主人公としてどこか歳月の隔たりが感じられるのは、決定的な非現実感だった。
結局、ムン・グニョンはまだ子役と成人役の中間で成長痛を患っているのではないだろうか。
だとすれば、ドラマのタイトルが示すアリスは誰だろうか。ムン・グニョン、つまりハン・セギョンと1次元的に答える視聴者はいないだろう。結論は、ハン・セギョン、チャ・スンジョ、ソ・ユンジュ、そしてタミーホン(キム・ジソク)誰もがふしぎの国のアリスだ。
ハン・セギョンはタミーホンに小説「ふしぎの国のアリス」の結末を聞き、タミーホンは小説を持ってきて彼女に教える。アリスはただ夢から覚めることで終わりだと思っていたが、アリスを起こしたアリスの姉が続けて夢を見ることになる、しかしその夢の半分は現実で、半分は夢であると。
それを聞いて、ハン・セギョンはその姉が目を覚ますと現実に戻ってくることを知りながらも半分は(夢を)信じて生きる“大人”だとその意味を解釈する。
だとすれば、アリスの姉がハン・セギョンで、アリスはむしろチャ・スンジョではないだろうか。さらに、ビジネスのためなら愛なんて厄介な古い鞄のように考え突っ走った結果、清潭洞の嫁になるが、そのように不安に駆られてその場を守ろうとした自身の愚かさ、そして現実と理想の隔たりがあることに遅れて気づき、果敢にも先に離婚を宣言し独立したソ・ユンジュもアリスではないだろうか。
また、不利な札だと知っていながらGNアパレルの中心的な人物シン・インファ(キム・ユリ)を裏切り、ハン・セギョン、ソ・ユンジュと連合勢力を形成するという無理をしたタミーホンもふしぎの国のアリスだ。

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

シフくん、本日のツイ~~、3連発~~♪

今日はドラマの打ち上げみたいですね^^

-------------------------------------

シフツイ

★「ああ〜〜心残りチョンエル(チョンダムドンアリス)〜〜」

         シフくんも少し残念な気持ちがあるのかな?

Bbskxi2cmae1dns_2
            タミーの目が・・・^^:

シフツイ・・・その2

★「打ち上げパーティーで〜^^」

         ムン秘書、羨ましい・・・( ´艸`)プププ

Bbsk7nfcyaarncl_2

シフツイ・・・その3
「楽しい打ち上げパーティー〜^^」

         なんか・・・あやすぅいぃぃぃぃ( ´艸`)プププ

Bbsljbscqaed38i

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

清潭洞アリス16話(最終回)を見て~~

うぉぉぉぉぉ

終わったぞぉぉぉぉぉ

だるかった、だるかった・・・もうオイラ寝そうになったけど

キスシーンでちょい目覚めたぞぉぉ~、笑

「おとなの階段のぼる~」って歌詞の大昔の歌思い浮かべながら

見てしまった( ´艸`)プププ

がっつり一歩手前ってカンジでしたね?シフくん・・・・( ´艸`)プププ

でも美しく撮ってありました・・・あははははは

ま、それは置いといて・・・笑

はぁ~ほんと後半はどうしようもないストーリーになってしまってねぇ~

全体点数・・・65点かな・・・・(シフ点が加算されるため多少増幅)

主人公二人良い演技してたのに・・・ほんと、残念!!!^^;

言いたいことは色々とありますが

・・・とりあえず・・・シフくん、お疲れ様~~^^

| | コメント (0)

ドラマ見てて・・・

ちょい検証・・・(っていうほどじゃないけど)

15話でスンジョが歩いていた通り・・・

E1512012601

E1512012602_12

私も行ってきたりした・・・笑↓

Sihoonote130127_5
寒かったね・・・笑

| | コメント (0)

シフくん、本日のツイ~~♪

シフくん、本日のツイ~~♪

「あ~終わったぞ...ㅠㅠ」

Bbmamh2cuaaeunm

↑なんかハッピーそう^^

| | コメント (0)

清潭洞アリス15話を見て~~

またも簡単に感想・・・

ふ~、今夜でアリスも最終回・・・

昨日の15話は・・・・あああ・・・最悪に流れが悪い・・・

何回あのオンボロなうちに行きよるねんっスンジョ!

毎回、同じよーな場面みたいでダレてしまったオイラです^^;

今夜どー締めてくれるんかね・・・

Bbmcj5ycqaapbwt

↑今日イヤギがアップしてた写真・・・

よく見るホテルですよねん・・・^^

・・・最近は例のボアコートはあまり登場しとらんなぁ~

年季入ってたのにね、( ´艸`)プププ

| | コメント (2)

2013年1月25日 (金)

シフくん、本日のツイ~~

なんで今頃この写真UPしてんだろ?笑

だいぶ前の写真っすよね??

意外にこのスリッパ気に入ってるのを主張したいのか?

わ、分からん・・・疲れ?笑

---------------------------------------

シフツイ

「シャー会長ショッピングアイテム〜^^」

Bbcwqr4ciaak085
オッパ、かわい~~とか

言わせたいんやろ~? ぶっ( ´艸`)プププ

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

ほっそいよね〜〜

最新のシフくん?

衣装が焼肉食べてる時と同じ・・・

撮影頑張ってるみたいですね〜〜ん

しっかし・・・ほっそいわ〜〜www
2013012501001498500123451
パク・シフ'アリス'撮影 直撮'高貴な態度私はカリスマ'
2013-01-24 15:45:48
俳優パク・シフのカリスマあふれる'ジッチク(直撮り)'写真が公開された。
最近オンライン コミュニティ掲示板にはSBS週末ドラマ'清潭洞(チョンダムドン)アリス'に出演中であるパク・シフの撮影現場の姿が入れられた写真が掲載された。
公開された写真の中パク・シフは台本を検討して撮影準備に余念がない姿. 茶色コートとサングラスを着用したパク・シフは高貴な態度私はカリスマを発散して温かい容貌を自慢して視線を集める。
一方パク・シフは現在SBSドラマ'清潭洞(チョンダムドン)アリス'でカリスマとコミックを行き来する反転魅力で視聴者たちをひきつけている。

| | コメント (2)

"清潭洞アリス"会長のスタイルパク·シフのファッション追跡

以前に比べて格段に着てるものの質が上がっている・・・笑
  ちなみに↓茶色のダウン、フェールラーベンは
  スェーデン王室御用達→コチラ
あと・・・あの丸縁メガネも問い合わせが多いとか・・・
(意外〜( ´艸`)プププ)
ショップのひとが、ゆーてました・・・^^
2013012401002202900124841
▲SBSドラマ "清潭洞アリス" 10回(上)と13回、14回(下)放送シーンのキャプチャ
"清潭洞アリス"会長のスタイルパク·シフのファッション追跡
2013-01-24 11:29
 
SBS週末ドラマ "清潭洞アリス"のドラマの中のファッションが連日話題になっている。二人の女主人公ムン·グニョンとソ·イヒョンに続いて主人公のパク·シフのファッションスタイルの反応も熱い。
名品流通会社の会長らしくパク·シフのスタイルは、一寸の誤差のないスーツのフィットとハンカチーフ、時計などのアクセサリーでポイントを与えるのが特徴だ。また、愛する恋人と一緒にするときは、カジュアルでありながら洗練されたスタイルの服で反転魅力を披露する。
■彼女との突然の出会いから
パク·シフ(ジャンティエールシャー)は、突然、ムン·グニョン(ドラマの中でソギョン)に会う場面でネイビー色のニットプルオーバーとブラウンカラーのフェールラーベンアウターをマッチして暖かいながらも快適なスタイリングにウォーカーに仕上げて、スポーティー感を表現した。
これは、スウェーデンのライフスタイルブランドを避けフェールラーベン(FJALLRAVEN)製品で服素材のワックス処理が防水と防風などを防いでくれ機能性を持ちながら、スタイリッシュなデザインで、ハリウッドスタークリスティン·スチュワートとオーランドブルームが愛するブランドです。
■彼女とのデートで
恋人と一緒に空港のシーンでパク·シフはキャメル色のロングコートとジップアップをレイヤードした後、ジーンズをマッチした。ここにウォーカーとぶちメガネに仕上げて、さらにモダンな雰囲気を演出した。
また、カラオケデートで広がりマスタングとカジュアルなスキニージーンズにツートーンウォーカーに仕上げて、スポーティー感を完成させた。
パク·シフが選択したジンは、国内プレミアム感性れたDPSR製品で楽ながらも特有のスリムなフィット感で、カジュアルなスタイリングで愛されるアイテムです。
ダークなスキニージーンズに似合うツートーンのスリムなシェイプのウォーカーは、コムポータブルブランドJ SHOES(ジェイシューズ)のTHOMAS(トーマス)製品にグレー色のウォーカーがルックにポイントを与える。
■彼女を待ちながら
ブラックスキニーにニットとロングカーディガンをマッチして一層柔らかく暖かいのルックを演出して、快適さと洗練さを備えたスタイリング披露してロマンチックな魅力を強調した。
ジャンティエールシャーよりなぜかチャスンジョの名が似合うカジュアルなスタイリング法で負け、パディング、ウォーカーなどのアイテムで恋人との出会いから、柔らかいながらもリラックスした雰囲気を演出した。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧