« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月17日 (日)

やっとのんびり・・・

ひさびさ訪れる・・・我のブログ~~♪^^;

先週は忙しかったわ~やっと今のんびり・・・

でもまた明日から締切が・・・^^;あああ

そんなオイラの

いま唯一の癒し小道具っ!!!!↓

一昨日届いた韓流TOPをまた眺める~~♪

01291717_5107859a858bb_2

02071329_51132dc44628b


韓流TOPのサイトから↑・・・・

美しく撮れてます・・・・ねん^^

今月末には 「縁」も届くし・・・

シフくんが本格始動するまでは雑誌で我慢かのぉぉぉ、笑

そういえば「縁」って・・・第1号では少しプライベート写真が公開されてましたよね?

Sihoo0217_01
「縁」特設ページで以前上がってた写真↑

この写真見たとき・・・

パーカーがね~~「アバクロ」やったんで

シフくん、若いっね~~と思ったのよね~~( ´艸`)プププ

10代20代前半のブランドなイメージやから・・・

でも以前のダンス練習動画でも、Tシャツも着てたことがあるから

好きなブランドなんかね~お手頃価格やし・・・

Sihoonote0217_01

         アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)

正規で購入したら8300円くらいかな?

2、3年前のモデルみたいですが・・・探せばまだ購入できるみたいっす^^

| | コメント (1)

2013年2月10日 (日)

意外なところで・・・

はぁ~先月まで

土・日はシフドラマ視聴デーだったのに・・・

ちと寂しいね・・・2月・・・^^;

なのでアリスをなんだかんだ言ってたのに、また再視聴したりぃ~

メイキングをまた観っちゃったりぃしております、笑

でっ!!先日グニョンちゃんの事務所が公開してた

アリスの最終回撮影現場の動画で気になってたことがあったんで・・・

01
02

03


↑このシフくんが羽織ってる毛布・・・・

私が使ってるものと似てるのじゃ~~~笑

たぶん・・・このメーカーのブランケットなのれす・・・

33600円もします^^; 私は頂き物ですが・・・

シフくんもファンからプレゼントされたのか?

本人のこだわりなのか???

 

よく分からないですけど( ´艸`)プププ

意外なところでお揃だったので・・・・ちと嬉しい・・・( ´艸`)プププ←アホ

--------------------------------------

カシウェア  

こちら

DAMASK BLANKETKz000376_002l

Kz000108_002l

Kz000376_001l Kz000376_005l

カシウエアは、カシミヤのように柔らかく、滑らかな手触りでありながら
ふわふわ感が半永久的に続くという新素材です♪
多くのセレブを初め、高級ホテルやスパでも使用されている今最も注目されているブランドです。
一度使用するとその気持ちよさと温かさで手放せなくなる一品です。
吸湿、速乾性に優れているので、春夏でも快適に過ごせる、肌触り抜群のブランケットです。


| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

パク・シフ、映画「新世界」の試写会に出席“挨拶はシックに”

昨日は試写会やったんすね〜。

知り合いもミーハーで行っていた模様・・・うらやま、笑
あいかわらず。。。ブーツイン〜♪
Tcsearchnaver
Tc1searchnaver
Tc2searchnaver
パク・シフ、映画「新世界」の試写会に出席“挨拶はシックに
俳優パク・シフが6日午後、ソウル江南(カンナム)区三成洞(サムソンドン)COEXのMEGABOXで開かれた映画「新世界」(監督:パク・フンジョン)のVIP向け試写会に出席した。
「新世界」は韓国最大の犯罪組織であるゴールドムーンに潜入した刑事と、彼を取り巻く警察と犯罪組織の間で繰り広げられる陰謀、義理、裏切りを描いた映画で、韓国で21日に公開される。

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

パク·シフ、忠南扶余本家初公開

ほんとにパク・シフくんの本家なのだろうか・・・
ニセじゃなくて??・・・^^;
祖父のうちは一度焼失し・・・みたいに
言ってたが・・・
ほんとにおうちなのかな・・・^^;怪しい〜(←しつこい、笑)
4291101_3721_d130206_012_1
4291101_3721_d130206_013
[単独公開] "大地主3世 'パク·シフ、忠南扶余本家初公開
[enews24]2013.02.06 16:03
'大地主3世 "として知られて世間の話題になった俳優パク·シフ(35)の実家が初公開された。
6日放送されたtvN "eNEWS-決定的な一発 'でパク·シフの忠南扶余本家の姿がそっくりそのまま描かれて人目を引いた。大きな瓦の家や庭にある湖などは、過去の "大地主"と呼ばれるほど巨大な富を蓄積したパク·シフ家の財力を如実に証明した。パク·シフが生まれた所も一緒に公開されて視線を捕らえた。
この日の放送では、実体が現われなかったパク·シフ本家の姿と、扶余郡のパク·シフ父の知人など複数周りの人のインタビューで代々伝わるパク·シフ家の多くは、実際が続々と明らかになった。
また、パク·シフが扶余16区に各100万ウォンずつ総1600万ウォン、母校ウンサンジュン学校に500万ウォン、扶余高校に1000万ウォン、銀山ミョンミン体育大会にも100万ウォン以外にも、最近直筆サインを添えた高価な2013年写真集のカレンダーを1000万余相当の寄付した事実も一緒に明らかになって温かさをかもし出すこともした。
扶余郡の関係者は、このようなパク·シフについて "ご先祖様代々この地域で経済的な富を蓄積してみると地域住民に助けを与えられ、パク·シフさんもそんなことを見て育ったので、故郷に対して良い仕事をしていらっしゃるんじゃないかと思われる"と伝えた。
加えてパク·シフ父の知人は "本当に大きな家である。長くなったし保存もよくされて周辺では、文化財指定誘いも入るほどだ"と強調した。
一方、 "eNEWS-決定的な一発 'はパク·シフを含めて'芸能界準財閥"として知られ視線が集まったエムブラックのミール、帝国の子供形式、コメディアンチョセホなどの噂と実体を比較取材して真実かどうかを明らかに注目を捕らえた。放送と一緒に、スターたちがリアルタイム検索語上位に相次いで上がるなど、ウェブ上でも連れ話題になった。 "eNEWS-決定的な一発 'は6日午前11時30分、午後5時45分、デュアル放送される。

| | コメント (2)

2013年2月 4日 (月)

SBS "清潭洞アリス"最後の撮影現場!

うう~~ムン・グニョンやっぱかわいいい~~

たまら~~ん・・・さすが国民の妹・・・(笑)

シフくんとは兄と妹のようだ・・・笑

01 02 03

↑シフくんも結構子供っぽいことするよね・・・( ´艸`)プププ

実際は寒いジャンティエールシャー邸・・・( ´艸`)プププ

04
         ゴミとってやったりしてアツアツ~~♪

05
         最後はハグハグ~~♪ シフくん・・・も・・・嬉しそうだ~~( ´艸`)プププ

| | コメント (0)

パク·シフ理想"セクシーよりも可愛い女の子が好き"

顔はもちろん・・・可愛いのが好みでしょう・・・笑
ちょっと幼いような・・・
そして身体はスレンダーでしょうか??( ´艸`)プププ
当たってるぅぅぅぅ????笑

20130201000426_0

パク·シフ理想"セクシーよりも可愛い女の子が好き"...じゃあムン·グニョン?
2013-02-04 11:06
パク・シフ理想"セクシーよりは可愛い女の子が良くて"率直告白
俳優パク・シフが理想を明らかにして注目が集まった。
先月30日放送されたSBS '一夜のTV演芸-願いをいってみて'コーナーには最近放映終了した週末ドラマ'清潭洞(チョンダムドン)アリス'の主人公パク・シフとのインタビューが描かれた中で、パク・シフの理想が公開されて話題を集めた。
この日パク・シフは好むスタイルを尋ねた質問に"私が人見知りするので積極的な人が良い"と明らかにした。
これに対しリポーターが容貌は問い詰めないかと質問して、パク・シフは"なぜ問い詰めないのか"と冗談を言って"背は重要ではない。 セクシーで清純な人よりは可愛いタイプが良い"と低山の理想を公開した。
一方パク・シフは"一度つきあえば長引くほうだ。 最も長く付き合った恋愛期間は4年"と話すこともした。

| | コメント (0)

[インタビュー]チェソンジュン、ソウル大出身厳親の 'パク·シフ礼賛 "

ムン秘書・・・売れることをお祈りします(笑)
30000226307
[インタビュー]チェソンジュン、ソウル大出身厳親の 'パク·シフ礼賛 "
SBS ‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’でアルテミス コリア チャンティエルシャ会長のそばには常にムン秘書がいた。 ムン秘書からは時には真剣に、時にはコミカルに行動してチャンティエールシャの日課愛を助けた。 
俳優チェ・ソンジュンはチャンティエルシャの‘貴料米助力者’であるムン秘書で活躍してテレビ劇場に新鮮な魅力をプレゼントした。 すらりとした背丈とエキゾチックな容貌を持つチェ・ソンジュンがリリースした意外なコミック演技は視聴者の耳目をひきつけるのに充分だったし、‘俳優チェ・ソンジュン’が誰かに対する気がかりなことを呼び起こした。
実際に会ってみたチェ・ソンジュンはムン秘書と違った。 そそのかして厚かましく騒ぐムン秘書とは違い、容貌から漂う雰囲気のように重量感があったし真剣な話を楽しむことができる残ろうだった。 それにもかかわらず、チェ・ソンジュンがムン秘書のように見えなければならない決定的な理由、すぐに俳優パク・シフに対する考えだった。 ムン秘書がチャンティエルシャを従ったように、チェ・ソンジュンにパク・シフは先輩俳優それ以上だった。 チェ・ソンジュンはインタビューずっとパク・シフに対する礼賛論を広げた。 どのような話をしようが最後はパク・シフ礼賛で帰結された。 不思議な役割だった。
▲ “本来性格はムン秘書とは違い静かです
“本来私は静かなこと好んで、どこ立ち上がって笑わせてそのような性格ではありません。 ムン秘書を演技してたくさん闊達になったことでしょう。 周辺でも私に笑わせるんですって。 この頃には友人が名前の代わりに‘ムン秘書’と呼びます。 分かるお兄さんの兄嫁様もファンといって下さって。 重ね重ね記憶に残ることのようです。 ムン秘書でキャラクターに愛着がたくさん行きます。 数日前‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’の初めてのテボルリディンをしたこと同じだが、すでに放映終了するとはたいへん残念です。”
事実ムン秘書でキャラクターが初めからコミカルなことではなかった。 本来シノプシス上でムン秘書からは40台の年齢にかたい感じの典型的な秘書キャラクターであった。 ところで実際の撮影しながらムン秘書からはチェ・ソンジュン表可愛い秘書に変貌した。
“監督様がたくさん助言して下さったが、ムン秘書でキャラクター性格が変わりながら慌てることはしました。 その時そばのパクシフ先輩と気楽に話して一緒にムン秘書でキャラクターを作っていきました。 シフ先輩の助けをたくさん受けてムン秘書が誕生しましたよ。 劇中でチャンティエールシャ会長が安らかに対することができるのがそばにあるムン秘書です。 そうしたら二人一緒にいればおもしろい状況が出てきたことでしょう。 本来シノプシスのキャラクターで変わりながらさらにおもしろく撮影できたことのようです。”
▲ソウル大出身厳親、俳優の道を歩く
チェ・ソンジュンは去る2004年バッカス‘初めての出勤便’広告でデビューした以後ドラマ‘宮’等に出演して演技者として顔を知らせた。 彼はデビューの時からハンサムな容貌にソウル大に在学中である財源で有名になった。 ところでいつからかTVでチェ・ソンジュンが見られなかった。
“学校に通いました。 学生の身分に戻って人生に対して悩んだ時期でしたよ。 いろいろ経験をしました。 外国系会社でインターンもしたし、GRE勉強もしたし、日本語を勉強して能力試験も受けて、外国にも出てみて。 私が今後人生で何をしながら生きるべきかも悩みました。 そうするうちに決めましたよ。 ‘俳優をしたい、することならば一度正しくしてみよう’と。”
チェ・ソンジュンは幼い時米国で学校に通ったし韓国で外国語高校を卒業した後ソウル大体育教育学科に進学した。 英語、フランス語、日本語を話すことができてスペイン語と中国語も習った。 ヌガボァもスペックがビッグな‘厳親’だ。 そのような彼が突然演技をするというとご両親は驚かなければならなかった。
“当然ご両親が反対しましたよ。 なぜ難しい道を行こうとするかと、君が本当に、演技をよくやり遂げる自信があるかと心配されました。 それでも私の意見を尊重したでしょう。 前斉家楽しく幸せにすることができることをしたいと申し上げました。 私真剣な心を知るようになったご両親はその後論私をサポーターしてくれました。 このように俳優になることができたとすれば、幼い時からこちら側勉強をすればよかったんですよ。”
▲親しい兄、有難い先輩、そして素敵な俳優パク・シフ
チェ・ソンジュンとパク・シフは所属会社同じ釜の飯家族と同時に親しい先輩後輩の間だ。 これらの縁は去る2010年互いに分かる知人ために共にワールドカップ応援をしながら始まった。 以後私的席でしばしば会って親密なよしみを積んだ二人は‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’を通じて初めてした作品で演技呼吸を合わせた。
“‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’オーディション見る時シフ先輩に話もしませんでした。 先輩がすでに主演でキャスティングされた状況であったのに、私が監督様ミーティングをすることという声をしなかったんですよ。 監督様ミーティングを3度なのかと思ってからムン秘書で役にキャスティングになったし、その時初めてシフ先輩に作品一緒にすることになったと話しました。 先輩は、私によく似合う役割だと応援しましたよ。 親しい兄弟の間で初めて俳優大俳優で会ったが、私が本当にシフ先輩に多くの助けを受けました。 先輩に感謝の気持ちが大きいです。”
劇中チャンティエールシャ会長とムン秘書でのコミック呼吸は期待以上だった。 ‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’が条件がない愛に対して真剣に接近するのにロマンチック コメディー物にもかかわらず、深刻な場面が多かったが、その中でチャンティエルシャ会長とムン秘書が一緒にする場面はいつも笑いをプレゼントした。
“‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’が伝えるメッセージが軽い内容ではないが、その渦中に会長様とムン秘書がどうのこうのする感じを視聴者が楽しく見たもののようです。 深刻に見ながらもムン秘書と会長様が出てくれば安らかに、中間の休み時間のような感じで見ることができたからです。 他の見方をすれば劇中ムン秘書で性格がかなりとんでもないこともあるので、会長様が正常でなくムン秘書とよく合ったようです。 実際にそのような秘書がいるならば採用になってもすぐに切られなかったでしょうか?(笑)”
‘親しい兄パク・シフ’で‘俳優パク・シフ’を初めて体験してみたチェ・ソンジュンは何かに殴られたように大きい教えを得た。 一緒に茶を飲んで無駄口をたたく先輩が‘俳優’で近づく瞬間、チェ・ソンジュンは大きく驚かなければならなかった。
“撮影会場で報告びっくりしたのが、シフ先輩はチャンティエールシャがすぐに演技に出てきてしまいます。 先輩が本来かなり静かな性格ですね。 ところでチャンティエールシャを演技する時は突然大声を出しながら訛りを使うのがとてもリアルに出てきます。 ムン秘書がそれにびっくりするが、実際に私がびっくりして自然に演技になったことでしょう。 先輩が上手にすると私も一緒に演技に没入になりました。 シフ先輩がなかったら絶対にやり遂げられなかったでしょう。先輩が自信も吹き込んで助けも多くくれてムン秘書でキャラクターを作り出すことができました。 ムン秘書がそのまま平凡な秘書になった場合もあるのに先輩がよく引っ張ったことでしょう。”
チェ・ソンジュンは“シフ先輩は私服ファッションがモデルのようだ”、“シフ先輩は配慮が多い”、“シフ先輩は前にも良い先輩だったが、今は素敵な先輩だ”、“周辺に良い人がいればシフ先輩に紹介させたい”等の言葉でパク・シフ称賛、いや礼賛を継続した。 ムン秘書がチャンティエルシャ会長を尊敬する心劣らず、チェ・ソンジュンはパク・シフをそれだけ考えている。 ドラマの外現実でも二人の男の関係がそんなに厚いから、ムン秘書と性格が違うとしてもチェ・ソンジュンにはムン秘書がくっきり見えた。
ところがもうチェ・ソンジュンはムン秘書を送らなければならない。 いくら有難くて意味のあるキャラクターといっても、俳優がいつまで過去のキャラクターだけ捉えていることはできない方法。 チェ・ソンジュンはムン秘書とゆっくり離別している。
“ムン秘書を送りやすくはないようです。 だが、ムン秘書を空けてこそ私中に他のものを満たして入れることができるでしょう。 休まないでずっと多くの経験を積みたいです。 それで所属会社にもすぐ次作品に入りたいと話しておきました。 あれこれ区別しなくて、作品だけ良いならばすべてしてみたいです。 演技内面空白を積んで、着実に熱心にする姿見せて差し上げますね。”
30000226309_700 30000226310_700 30000226311_700 30000226312_700

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »